コーハウジングについて

今日、コーハウジングのようなオルタナティブな住居形態への関心は常に高まっています。コーハウジングは、単に家を借りるよりも社会的・経済的に興味深いものです。ここでは、この住まいの形態について知っておくべきことをご紹介します。

 

コーハウジングとは

コーハウジングとは、少なくとも2家族が同居し、少なくとも1つの共有スペース(ダイニングルーム、キッチン、庭など)とプライベートエリアを持つ共同生活の形態です。

コーハウジングは、家や部屋を一緒に借りるという方法もあるが、最近では、コーハウジングプロジェクトも多く行われています。これらのプロジェクトは、不動産デベロッパーがコーハウジングを念頭に置いて設計しています。

 

コーハウジングの社会的・経済的メリット

コーハウジングは、幅広い年齢層の入居者にとって多くのメリットがあります。20代、30代はもちろん、ひとり親家庭や高齢者の方にも。

そのメリットをご紹介します。

  • 家賃やエネルギー消費量、家具などの費用を部屋メイトとシェアすることができます。
  • 通常では予算内に収まらないような、少し大きめの家、豪華な家に引っ越すチャンスがあります。
  • 一人暮らしより節約できる(もしくは、同じぐらいの家賃で大きな家に住める)。
  • 孤独を感じることなく、自立を楽しめます。
  • 新しい人と知り合いになれます。

 

守っていただきたいルール

 

入居時

複数の人が一緒に住む場合、まず、借家契約書にすべての関係者が借主として記載されていることが非常に重要です。

また、他の人と一緒に住む場合は、借家契約書に「共同借家契約書」を追加することが義務付けられています。家賃、敷金、火災保険、家事などの金銭的な分担についての取り決めを記したものです。白黒をはっきりさせることで、争いを避け、楽しく暮らすことができます。

最後に、すべての人が当該住所で登録されていることが必要です。

テナントが退去するとき

借主が退去する場合、その借主は不動産の所有者に書留で通知しなければなりません。その瞬間から、少なくとも3ヶ月の予告期間が始まります。早期解約の場合、退去するテナントは新しいテナントを探さなければなりません。

退去時備品目録(état des lieux)は、退去するテナントが物件から退去する日に実施されます。ここでは、共有部分を含む物件全体の説明が行われます。

備品目録や新賃貸借契約書の作成費用は、新・退去テナントが負担します。

新しいテナントが入居する場合

新しい入居者が決まったら、物件のオーナーに紹介する必要があります。その後、オーナーが入居候補者の可否を判断します。

この人が入居する際には、オーナー、新しい入居者、既存の入居者の間で、新たに賃貸契約を結ばなければなりません。新しい入居者は、少なくとも1年間の契約を結び、月々の使用料を支払うことができることを証明しなければならない。

 

トレンド上昇中のコーハウジング

シェアライフの人気が高まっています。Brusselsでは、2010年から2018年の間に49ものコーハウジングプロジェクトが誕生しており、これはほぼ1,000戸の部屋に相当します。

特に高齢者がこの種の住宅に高い関心を示していますが、若い家族もコーハウジングを選ぶようになってきています。このように関心が高まっている理由は2つあり、一方ではBrusselsで住宅の需要が高まっていること、他方では家や部屋を所有することが経済的に不可能な人が多く存在することです。

友人や知人との同居に興味がありますか?BrusselsとAntwerpの部屋のセレクションをご覧ください。

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.